You Raise Me Up

岸優太くんとふぉ〜ゆ〜に夢中なDD盲目ジャニヲタの日記

【SHOWBOY感想】There’s No Business Like Show Business!

SHOWBOY観てきました!!!最近舞台の感想はほぼインスタに載せてるんですが、書ききれない思いがあったので久しぶりにはてブロ更新したいと思います!

 

私が舞台やミュージカルが好きな理由のひとつとして、さっきまで劇場だった場所が小さな部屋になったり海になったり、時には客席までも違う場所にしてしまうおもしろさがあります。

SHOWBOYは特にそれを感じた作品でした。

1〜6話まであるオムニバス形式の作品で、1〜4話はふぉ〜ゆ〜それぞれが主役の話でした。劇中に散りばめられたピースがどんどんはまっていくようなそんな作品です!演出をしたウォーリー木下さん、それを実現させたキャストさんとスタッフさんはみーんな魔法使いだと思います!

 

SHOWBOYのポスターがこれなのですが…

f:id:utashk2912:20190804200252j:image

世界観はまさにこのキラッキラで華やか、衣装も舞台装置も豪華客船にふさわしい非日常の世界なんです!

でも、この話にでてくる登場人物たちはみんなどこかやりきれない思いを抱えています。

ダンサーの夢を諦めるしかない中、夢の近くで自分の仕事をこなす裏方、ステージの0番にいるのに心が満たされないちゃらんぽらんのわがまま主演ダンサー、生きるのが下手な人生を変えたいギャンブラー、やるしかない"黒いヒヨコ"な支配人、家族に言えない仕事をしている人の良いマフィア、不器用でついにクビを宣告されてしまった10年選手の見習いマジシャン、夢はあるけれどこの先の不安に駆られるショーガール


非日常なSHOWBOATの世界、でも抱えている悩みは身近に感じるようなもので、たぶん誰が観ても今の自分や過去の自分に重なる瞬間が少しはあるのではないかと思います。

私の場合はそれがSCENE4の見習いマジシャンと自分から船を降りようとしているショーガールのシーンでした。

クビになって船を降りないといけない見習いマジシャンに"あんなにすごいマジックができるのに船を降りるなんてもったいない!"というショーガール

自ら船を降りようとしているショーガールに"君こそもったいない!"という見習いくん

そんな見習いくんに"もったいないって…このまま続けて何にもなれなかったらそっちの方がもったいないかもよ"とポツリと呟くショーガールのエンジェル

人生の中でする、"続ける選択""辞める選択"って難しいと思いません?辞めたいけど、辞めるのもしんどいって私がその選択をする時にいつもある葛藤です。

辞めたことは、あの時辞めてなかったらもしかしたら…と引きずってしまいます。でもエンジェルのこの一言で辞める選択をした自分の気持ちがすっと染み込むみたいなそんな感覚がありました。私そういう気持ちで辞めたんだって、ようやく気づけてなんか泣きそうになったところで見習いくんが代わりに号泣してくれます(笑)

素敵なのがこの後見習いくんがエンジェルに"船を降りる前に僕にショーを見せてよ〜もったいないことしようよ〜"と言うんです!この"もったいないことしようよ〜"がすごく好きでこれからの人生もったいないことでも自分が楽しかったらしていこうと思います。

なんの話やねん(笑)

よくわからない話を長々としてしまってここまで読んでくださった方がいるのかわかりませんが、熱量が伝われば!!!!再演の際、自分で観てこういうことか!と思ってください!

5話6話は全てが繋がってどったんばったん大騒ぎ!全員が交わった時のパワーは爆発的で、興奮と笑いが止まりませんでした。それまでの悩みとか憂いを吹っ飛ばす多幸感!!!!最高だぁ〜!

最後の曲にもあった"人生は変えられる"がとても頼もしくて、明日からもがんばろっ!って思えました。

この作品は舞台が好きな人はもちろん、映画や小説のファンの人にも観てもらいたかった〜〜!!!

カテコの福ちゃんの言葉「再演決まりました!」が嘘じゃなく聞ける日を楽しみにしてます!!!

 

 

 

最後に、この舞台の初日はジャニーさんが亡くなった次の日に始まりました。それが偶然に思えないほど、ジャニーさんのShow must go onの言葉が何度も出てきて、そのスピリットを感じるステージでした。千秋楽のカテコで福ちゃんが"ジャニーさんに観てほしかった、それで全然おもしろくないよ〜って言われたい"って話もしていて本人達にとっても忘れられない作品になったんじゃないかなと思います。私もジャニーさんの訃報後最初に観る作品がこれでよかったって本当に思っています。

私の解釈ですが、SMGOと同じくらい何度もでてくる"ヤルシカナイネ"って言葉はこの作品がくれたふぉ〜ゆ〜にぴったりなShow must go onの日本語訳に感じます。

"やるしかない!"っていろんなことを乗り越えてきた唯一無二の道を行く彼らにとてもぴったりだと思いました。

 

ジャニーさん、ジャニーズ事務所を創ってくださってありがとうございました。ジャニーズに出会えて人生が楽しいです!これからもみんなのことを見守っていてください。